So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

新薬の特許が切れた30日後には、製薬市場の約8割がジェネリック [健康]

アメリカやヨーロッパでは、新薬の特許が切れた30日後には、製薬市場の約8割がジェネリック(ジェネリック医薬品、後発医薬品)に取って代わるという飲み薬もあるほど、後発医薬品(こうはついやくひん)は世界各国で採用されているのです。
耳鳴りには種類があって、当事者にしか感じられないことを特徴とする「自覚的耳鳴り」と、血液の流れる音のように当事者と他の人にも品質の高いマイクロホンを使用したりすると聞こえてくるような「他覚的耳鳴り」とがあり、治療法が異なります。
我が国における結核対策は、昭和26年に生まれた「結核予防法」に拠って実施されてきましたが、56年後の2007年からはその他の感染症とひとくくりにして「感染症法」という名前の法律に準拠して実行される運びとなりました。
むねやけが特徴の逆流性食道炎は、食生活が欧米化したことに加えてスモーキング・アルコールを毎晩飲む事・肥満症等の生活習慣の質の低下、ストレスなどに縁り、殊更日本人に多く発生している疾患だということができます。
ただの捻挫だろうと決めつけて、湿布をして包帯やテーピングなどで一応固定し、様子をうかがうのではなく、応急処置を施した後少しでも早く整形外科で診察してもらうことが、結局は快癒への近道になるのです。

栄養バランスの優れた食事や運動は無論、心身の健康やビューティーを目的とし、食事とは別に様々なサプリを使用する事が一般的なものになったようなのです。
脂肪過多に陥っている肥満は当たり前のことながら食生活の習慣や栄養バランス、運動不足などが誘因ですが、量は変わらないごはんであっても、あっというまに終了する「早食い」をしていれば肥満の状態を招きやすくなると考えられています。
自転車の転倒事故や高い所からの落下など、強大な外力が体にかかった場合は、複数の地点に骨折が齎されてしまったり、開放骨折に至ったり、重症の場合は内臓が損傷することもあるのです。
一旦永久歯の周りのエナメル質を減らすほど進んでしまった歯周病は、多分炎症自体が治まることはあっても、なくなった骨が元の量に復元されることはないのです。
虚血性心疾患の一つである狭心症(angina pectoris)の外科手術としては大体「大動脈内バルーンパンピング法」に加えて「冠動脈大動脈バイパス移植手術」の両方の術式が標準的に導入されています。

BMI(体重指数を求める計算式はどこの国も同じですが、BMI値の評価は各国それぞれ違いがあり、日本肥満学会(JAPAN SOCIETY FOR THE STUDY OF OBESITY)ではBMI22が標準体重、BMI25以上の場合だと肥満、18.5未満だと低体重と周知しています。
「体脂肪率(body fat percentage)」というのは、体内の脂肪の溜まっているウェートであり、「体脂肪率(body fat percentage)=体脂肪量(somatic fat volume、キロ)÷体重(weight、キログラム )×100」というシンプルな計算式で調べられます。
ビタミンB1不足が原因の脚気(かっけ)の症状は、手や脚が何も感じない麻痺状態になったり脚の著しいむくみなどが中心で、進行してしまうと、最悪の事態では呼吸困難に至る心不全を誘発することがあるようです。
腰などが痛むヘルニアとは正しくは「椎間板ヘルニア」と呼ばれ、背骨と背骨の隙間にある緩衝材みたいな役割を果たしている椎間板(ツイカンバン)という名前の柔らかい線維軟骨が飛び出てしまった症例のことを称しています。
悪性腫瘍である女性の卵巣がんは、本来、身体をガンから護る作用をする物質を創造するための金型のような遺伝子の異常で発病する病気だと考えられています。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

消化器科の領域である急性腸炎 [病気]

消化器科の領域である急性腸炎(acute enteritis)は、大半が腹痛・悪心・嘔吐・下痢を伴う程度で治まりますが、細菌感染による腸炎の場合は強い腹痛・ずっと続く吐き気・幾度も繰り返す嘔吐・下痢の他に38度台の高熱も出るのが見分けるポイントだといえます。
胃食道逆流症の一つである逆流性食道炎は、5日前後きちんと服薬すれば、原則として9割前後の患者さんの自覚症状は去りますが、さりとて食道の粘膜の炎症そのものが快癒したとは断言できないので注意が必要です。
脂漏性皮膚炎という病気は皮脂分泌の異常により現れる湿疹で、皮脂の分泌が異常をきたす要因としてはステロイドホルモンの一種である性ホルモンのバランスの乱れやビタミンB群の枯渇等が注目されているのです。
道路交通事故や高い所からの落下など、著しく強い圧力が身体にかかった場合は、複数の場所に骨折が起こってしまったり、開放骨折になってしまったり、重症の場合は内臓が破裂してしまうこともあり得ます。
スギの花粉が飛ぶ1月~4月の間に、子どもが体温は平熱なのにクシャミを連発したりサラサラした鼻水が止んでくれない時は、その子は『スギ花粉症』の可能性があるでしょう。

30才から39才の間に更年期がやってきたとすれば、医学的な用語で表現すると「早発閉経(そうはつへいけい)」という病を指します(日本では40歳以下の比較的若い女性が閉経する症状のことを「早発閉経(早期閉経)」と定義付けています)。
子どもの耳管の仕組みは、大人の耳管と比較して幅が広くて短い形で、またほぼ水平になっているため、菌が侵入しやすくなっています。幼い子どもが急性中耳炎に罹りやすいのは、この作りが関わっています。
ジェネリック医薬品(generic drug)というものは新薬の特許が無効になった後に購入できる、同一の成分で金銭的な負担が小さくて済む(薬の金額の高くない)後発医薬品のことで、近年浸透しつつあります。
季節性インフルエンザを予防するワクチンでは、膨大な研究の成果により、ワクチンの予防接種効果が見込めるのは、ワクチン接種を受けた14日後から約150日間程度だろうということが明らかになりました。
いんきんたむしとは、正式には股部白癬という名称で、白癬菌が陰嚢や股部、お尻などの場所に何らかの理由でうつってしまい、定着する感染症で簡単に言うと水虫です。

汗疱状湿疹とは手の平や足の裏、または指と指の隙間などにプツプツとしたちっちゃな水疱がみられる皮膚病で、大抵は汗疹(あせも)と呼ばれ、足の裏に出来ると足水虫と間違うケースもよくあります。
好気性桿菌のひとつである結核菌は、菌に感染している人がゴホゴホと咳き込むことで室内や外気に放出され、空中にフワフワ漂っているのを他人が呼吸の際に吸い込むことで感染していくのです。
何かを食べる時は、次に食べようと思った物を気軽に口へ入れたら数回咀嚼して後は飲み込むだけだが、そのあと人体は本当によく動き食物を身体に取り入れるよう努めている。
外から観察しただけでは折ったかどうか判別できない場合は、負傷してしまった所の骨をごく弱い力で触ってみて、もしその部分に強い痛みが走れば骨折の可能性があります。
自動体外式除細動器(AED)は医療従事者ではない人でも取り扱うことのできる医療機器で、機器から流れる音声ガイダンスの指示通りに対応することで、心臓が細かく震える心室細動の処置の効果をいかんなく発揮します。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

明るくない所では光量不足のため見辛くなります [病気]

明るくない所では光量不足のため見辛くなりますが、より一層瞳孔が開くので、眼球のピントを合わせるのに多くの力が必要になってしまい、結果的に日の差す所でモノを眺めるよりも疲れるのが早くなるのです。
HIV(ヒト免疫不全ウイルス)を保有している精液や血液、女性の腟分泌液や母乳などの様々な体液が、看病する人や交渉相手などの粘膜部分や傷口等に接触することにより、HIVに感染する可能性が高くなってきます。
下腹の激しい痛みを起こす病には、大腸粘液が複数個所突出する大腸憩室症、5mm~10mm大の石ができる尿路結石症、大腸粘膜に潰瘍ができる潰瘍性大腸炎、重篤な症状を示す急性腹膜炎、卵巣の疾患など、様々な病名がみられます。
脂漏性皮膚炎(しろうせいひふえん)というのは皮脂の分泌異常が要因で引き起こされる発疹で、皮脂分泌が異常をきたす素因としてステロイドホルモンの一種である性ホルモンの不均衡、ナイアシンなどビタミンB複合体の慢性的な不足等が関わっているのです。
常在細菌の一つであるブドウ球菌(staphylococcus…staphylo-はラテン語で「ブドウの房」という意味)はパープルに染色されるグラム陽性球菌で、毒が極めて強烈な黄色ブドウ球菌(staphylococcus aureus、スタフィロコッカスアウレウス)と一方は毒素のきつくないコアグラーゼ陰性ブドウ球菌(coagulase-negative staphylococci、CNS)の2種が存在します。

「肝機能の減衰」については、血液検査のアスパラギン酸アミノトランスフェラーゼ(AST)やアラニンアミノトランスフェラーゼ(ALT)、γ-グルタミルトランスペプチダーゼ等3つの値で診れますが、ここ数年の間に肝機能が減衰している人々が明らかに増加しているということが危険視されています。
春と秋に患者が増える花粉症とは、杉やヒノキ、マツ、ヨモギなどの大量の花粉がアレルゲンとなり、クシャミ・皮膚の痒み・微熱・鼻詰まり・鼻水などの辛くて不快なアレルギー症状を引き起こす病気だということは、今や常識となりました。
ダイエット目的で1日の総カロリーを抑える、1日3食のうち1食を飛ばす、こうした生活を続けると結果的に栄養をも不足させ、慢性の酷い冷え性をもたらしていることは、多くの医療関係者が危惧されていることです。
「体脂肪率(body fat percentage、percent of body fat)」というのは、体の中の脂肪の蓄積しているウェートのことであって、「体脂肪率(たいしぼうりつ、パーセント)=体脂肪の量(キログラム)÷体重(body weight、kg)×100」という数式によって調べられます。
「あまりにも多忙だ」「うっとうしい様々な付き合いがとても嫌だ」「あらゆるテクノロジーや情報のハイレベルな進化になかなか追いつけない」など、ストレスを感じやすい場面は人によって違います。

様々な花粉症の緒症状(水っ洟、鼻詰まり、連発するくしゃみなど)のために夜間しっかり眠れない場合、それが元凶で慢性の睡眠不足となり、翌日起きてからのすべての活動に悪いダメージを与えるかもしれないのです。
ポリフェノールに代表されるフィトケミカルのジャンルに入るスルフォラファン(sulforaphane)というブロッコリースプラウトに含まれる揮発性の化学物質について、肝臓に存在する解毒酵素自体の製造を助けているかもしれないという新たな事実関係が明らかになってきたのです。
体を維持するのに必要なエネルギー源としてすぐに働く糖質、人の細胞の新陳代謝に必要となるタンパク質など、度の過ぎた痩身ではこういった体を維持するために欠かすことのできない要素までも減少させてしまっている。
お酒に含まれるアルコールやお薬、合成保存料を始めとした食品添加物などの成分を酵素によって分解し、無毒化する働きの事を解毒(げどく)と呼んでおり、多機能な肝臓の担う大切な任務の一つなのです。
四六時中横向きのままでTVを視聴していたり、片手で頬杖をついたり、踵の高い靴を日常的に履くといった習慣は身体のバランスを悪くする原因となります。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

乳児が受ける不活化ポリオワクチン [健康]

乳児が受ける不活化ポリオワクチンは、長年使用されてきた生ワクチンにかわる新しい手段として、平成24年9月以降は予防接種法で接種が推奨されている定期接種として導入されるので、集団接種ではなくクリニックなどの医療機関で接種してもらうスケジュール管理の必要な個別接種の形に変更されました。
いんきんたむし(陰金田虫)という病気は若い男の人に多く見られており、大方股間の周辺だけに広がり、体を動かしたり、お風呂から上がった後など全身が温まると強いかゆみに襲われます。
若年層で咳が続く結核に対しての抵抗力、即ち免疫力の弱い人々の割合が高いことや、早合点のせいで受診が遅れることが素因の集団感染(アウトブレイク)や院内感染が多くなっているようです。
お酒に含まれるアルコールを無毒化する力があるナイアシンは、ゆううつな宿酔に効果的な成分です。苦しい二日酔いの誘引物質とされるエチルアルデヒ(アセトアルデヒド)という物質の無毒化にも力を発揮しています。
加齢が原因の難聴においてはゆっくりと聴力が低下していくものの、大半の人は60歳を超えてからでないと聴力の悪さをしっかりと自覚できないのです。

30才から39才の間に更年期が訪れるとすれば、医学的には「早発閉経(early menopause)」という疾患を指します(我が国の場合40歳未満の女の人が閉経してしまうケースをPOF(Premature Ovarian Failure)と呼ぶのです)。
ふと気が付くとゴロンと横向きになったままでテレビを見つめていたり、長い時間頬杖をついたり、かかとの高い靴を日常的に履くといった習慣は肉体のバランスを乱れさせてしまう元凶になります。
トコトリエノールの機能としては酸化を遅らせる働きが殊に認識されてはいますが、この他に肌を美しくする効果や、血清コレステロールの生産を抑えたりすることが認められています。
男性の生殖器である前立腺は生育や働きにアンドロゲン、即ち男性ホルモンが密接に関わり、前立腺に現れたがんも同じく、アンドロゲン、すなわち雄性ホルモンの作用で大きく成長します。
普通ならば骨折はしない位のごく僅かな圧力でも、骨の一定の部分に繰り返して次から次へと力が加わってしまうことにより、骨折に至ることがあるので注意が必要です。

細菌やウィルスなどの病気を導く微生物(病原体)が口から肺の中に侵入して伝染してしまい、片方もしくは左右両方の肺が炎症反応を示している病状を「肺炎」と呼ぶのです。
悪性腫瘍である女性の卵巣がんは、普通ならば体をガンから保護する役割を持つ物質を作るための金型である遺伝子の不具合が原因で発症する病気だということが分かっています。
目と目を合わせることで、被介護者がセラピーアニマルをすごく可愛いと感じる時に「絆のホルモン」ともいわれるオキトキシンが分泌されて、ストレスを軽減したり心の癒しに繋がっていくのです。
亜鉛は、デオキシリボ核酸やタンパク質の合成に作用する酵素や、細胞・組織などの代謝に関わる酵素など、約200種類以上の酵素の構成物質として大切なミネラルなのです。
「体脂肪率(percent of body fat )」というものは、人体の中の脂肪が占有する歩合のことで、「体脂肪率(percent of body fat)=体脂肪量(somatic fat volume、kg)÷体重(weight、キログラム )×100」という計算で調べられます。

健康に関するレポート [健康]

インキンタムシ(陰金田虫)というのは、医学上は股部白癬と言い、白癬菌が股部、陰嚢(いんのう)、臀部などの部位に何らかの理由で感染し、定着してしまった感染症の事であり即ち水虫のことなのです。
ダイエットしたいがために1日の総カロリーを抑える、ほとんど食べない、などの食生活がひいては栄養までもを不足させ、慢性の冷え性を齎すことは、しょっちゅう危惧されています。
AEDというものは医療資格を保有しない一般人でも使う事のできる医療機器で、機器本体からの音声ガイダンスの手順に沿って処置することで、心臓が細かく震える心室細動の緊急処置の効き目を患者に与えます。
「時間がない」「気を遣ういろんな付き合いがとても嫌だ」「技術やインフォメーションのめざましい高度化に付いていくのが大変だ」など、ストレスを感じてしまう因子はみんな違います。
拡張期血圧90以上の高血圧が長い間継続すると、身体中の血管に大きな負担がかかった挙句、頭頂からつま先まで色んな血管にトラブルが生じて、合併症を起こす率が大きくなります。

常日頃からゴロンと横向きになったままでTVを眺めていたり、長時間頬杖をついたり、ハイヒール等を日常的に履くという習慣的なことは体の左右のバランスを悪化させる大きな要素になります。
不快な耳鳴りには当事者にしか感じられないというタイプの「自覚的耳鳴り」と、血液の流れなどのように本人と他の人にも高性能マイクロホンなどを使うと響いてくるという「他覚的耳鳴り」があるそうです。
虚血性心疾患の一つである狭心症の外科的な治療法としては大半の病院で「大動脈バルーンパンピング法(IABP法)」と「冠動脈大動脈バイパス移植術」のふたつの技法が高い頻度でおこなわれています。
現在のオペ室には、御手洗や器械室、手術準備室を備え付け、手術中にレントゲン撮影できるX線装置を付けるか、そうでなければ近くにX線装置のための専門室を併設するのが常識だ。
「ストレス」というものは、「溜めないようにするもの」「除去すべきもの」ものと思いがちですが、其の実、ヒトはこうしたストレスを経験するからこそ、生活し続けることが可能になるのです。

結核への対策は、昭和26年にできた「結核予防法」に沿って進行されてきましたが、56年後の平成19年から違う感染症と同様に「感染症予防法」という法律に沿って遂行される運びとなったのです。
物を食べるという行動は、食べる物をなんとなく口に入れて数回咀嚼して嚥下して終わりだが、そのあと身体はまことに健気に機能し続けて異物を身体に取り入れるよう努力しているのだ。
食中毒の原因にもなるブドウ球菌(葡萄球菌、staphylococcus)は紫色に染色されるグラム陽性球菌であり、大別すると毒が強大な黄色ブドウ球菌(英:staphylococcus aureus)と毒素がきつくないコアグラーゼ陰性ブドウ球菌(coagulase-negative staphylococci、CNS)が存在します。
世界保健機関(World Health Organization)は、人体に有害なUV-A波のデタラメな浴び過ぎは皮膚病を誘引するとして、18歳以下の人が日サロを使用することの禁止を世界中に求めている最中です。
ロックのライブの開催される施設やクラブハウスなどに据えられている大型スピーカーの近くで大きな音を浴び続けて耳が遠くなる症状を「急性音響性障害(きゅうせいおんきょうせいしょうがい)」と言うことをご存知でしょうか?
タグ:医療資格
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

気になる生活病は、健康を阻むもの [健康]

頸椎などが痛むヘルニアは正式には「椎間板ヘルニア」と呼ばれ、背骨の間に存在して緩衝材的な役割を担っている椎間板(ついかんばん)という柔らかい線維軟骨がはみ出た状態の事を表しているのです。
花粉症の病状(鼻みず、鼻詰まり、クシャミ等)のために夜間しっかり眠れないと、それが因子になって慢性的な睡眠不足となり、翌朝起床してからの仕事に悪い影響を及ぼすことも考えられます。
骨折して酷く出血した状態だと、血圧が下がってめまいやふらつき、冷や汗、吐き気、顔面蒼白、意識喪失などの不快な脳貧血が見られる時もあります。
健康を推進する世界保健機関は、有害な紫外線A波の極端な浴び過ぎが皮膚の病気をもたらすとして、18歳以下の男女が肌を黒くする日サロを使用する行為の禁止を主に先進国に提案しています。
真正細菌の感染によって起こる急性中耳炎とは、一番代表的な中耳炎で比較的子供によくみられる病気です。耐え難い耳の痛みや38度以上の熱、鼓膜のひどい腫れや炎症、膿が出てくる耳漏(耳垂れ)などの多様な症状が発生するのです。

天然の化学物質、フィトケミカルのジャンルに入るスルフォラファンというブロッコリーに含まれる物質が、肝臓が分泌している解毒酵素の円滑な発生を助けているかもしれないという事が判明してきたのです。
HIV(human immunodeficiency virus)を含んだ血液や精液の他、腟分泌液、母乳、唾液といった類の体液が、交渉相手等の傷口や粘膜部分等に触れると、感染する危険性が出てくるのです。
多機能な肝臓に脂肪(脂質)やコレステロールが蓄積した状態の脂肪肝(しぼうかん)は、動脈硬化や肝硬変を代表とするありとあらゆる健康障害を起こす可能性があるのです。
心筋梗塞は心臓の周りにある冠動脈の動脈硬化により血液の通り道である血管の中が細くなり、血流が止まり、欠かせない酸素や栄養が心筋まで配達されず、筋肉細胞そのものが壊死するという大変深刻な病気です。
耳鳴りには性質の異なる2種類が存在し、本人にしか感じられないことを特徴とする「自覚的耳鳴り」と、血液の流れのように他の人にも高性能のマイクロホンをあてると響いてくると言われている「他覚的耳鳴り」があるのです。

アミノ酸であるグルタチオン(GSH)は、細胞の機能を衰退させたり変異を誘発する有害な物質を身体の中で解毒し、肝臓の性能をより強化する特徴が認識されています。
「体脂肪率(percent of body fat )」というのは、全身の脂肪の溜まっている%のことで、「体脂肪率(percent of body fat)=体脂肪量(somatic fat volume)÷体重(weight、キログラム )×100」という計算式によって値を確認できます。
胸焼けが特徴の逆流性胃腸炎は、5日前後きちんと服薬すれば、原則、9割近くの患者さんの自覚症状は消失しますが、かといって食道粘膜の炎症反応そのものが癒えたとは言い切れないので気を付けましょう。
環状紅斑とは何かというと輪状、要はまるい形状の真紅色の湿疹や鱗屑(りんせつ)など、皮膚病の総称であり、素因は本当にいろいろだといえるでしょう。
ポリフェノールで最も有名な長所は水溶性のビタミンCやトコフェロール(ビタミンE)性質が違い、細胞と細胞の間の水溶性部分や脂溶性の部分、更には細胞膜でも酸化を予防する効果に優れています。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

基礎代謝量というのは睡眠中ではない覚醒状態で命を維持 [病気]

基礎代謝量というのは睡眠中ではない覚醒状態で命を維持する(鼓動、口からの呼吸、腎臓の動き、体温や筋肉の緊張の維持等)ために欠かせない基礎的なエネルギー消費量の事をこう呼ぶのです。
真正細菌の一種である結核菌は、菌を持っている人が「せき」をすることによって空中に排出され、空気中でフワフワと流れているのを今度は違う人が空気と一緒に吸い込むことで拡がります。
BMI(体重指数を計算する式はどの国でも同じですが、値の評価は各国それぞれ異なり、日本肥満学会(JAPAN SOCIETY FOR THE STUDY OF OBESITY)ではBMI22であれば標準体重とし、25以上は肥満、18.5未満は低体重と決定しています。
「肝機能の衰退」については、血液検査項目のGOTやGPT、γ-グルタミルトランスペプチダーゼ(γ-GTP)などの数値で分かりますが、特にここ2、3年肝機能が悪化している日本人の数が増加傾向にあるとの報告がありました。
H17年2月以降全ての特定保健用食品の外観に「食生活は主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを」といった文言の記述が食品メーカーの義務となっている。

世界保健機関(WHO=World Health Organization)は、有害なUV-Aの異常な浴び過ぎが皮ふ疾患をもたらす可能性が高いとして、18歳以下の人が肌を黒くする日焼けサロンを使うことの禁止を強く勧告中です。
体を動かすのに必要なエネルギーの源としてすぐに使われる糖質、細胞の新陳代謝に必須のタンパク質など、激しい痩身ではこれらのような活動を維持するために絶対欠かせない重要な栄養分までも乏しい状態にしている。
外から眺めただけでは骨を折ったかどうか判別できない時は、ケガをしてしまった部分の骨を注意しながらプッシュしてみて、そのポイントに激しい痛みが響けば骨折かもしれないので、すぐ整形外科を受診しましょう。
肥満(obesity)の状態というのはあくまで摂取する食物の栄養バランスや運動不足などが原因ですが、同量の食事をとっていても、慌てて食べ終わる早食いをすることによって脂肪過多に陥っている肥満(obesity)を招きやすくなるということが明らかになっています。
悪性の腫瘍である卵巣がんは、通常であればヒトの身体をガンから護る働きをする物質を生み出すための金型ともいえる遺伝子の不具合が原因で発病してしまう病気です。

スギの木の花粉が飛ぶ春に、小さな子どもが発熱は確認できないのにしょっちゅうくしゃみをしたり水のような鼻みずが止む気配をみせない状況だったなら、もしかすると杉花粉症の恐れがあります。
強い痛みを伴うヘルニアというのは正しくは「椎間板ヘルニア」と呼ばれており、背骨の間にあって緩衝材の役割を果たしている椎間板という名前のやわらかい円形の組織が突出してしまった症例の事を指しているのです。
ふと気が付くとゴロンと横向きになったままでテレビ画面を眺めていたり、机の上で頬杖をついたり、かかとの高い靴などをよく履いたりという癖や習慣は身体の均衡を悪くする因子になります。
食べ過ぎ、体重過量、喫煙、運動不足、遺伝、不規則な生活、心身のストレス、加齢など複数の原因が融合すると、インスリンの分泌量が少なくなったり、働きが衰えたりして2型糖尿病(ICD-10:E11)を発病します。
虚血性心疾患の心筋梗塞は心臓の周囲を走る冠動脈の動脈硬化により血管の内腔の直径が細くなり、血流が停止し、必要な酸素や栄養を心筋に届けられず、筋肉細胞そのものが壊滅状態になってしまう大変深刻な病気です。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

塩分と脂肪の大量摂取 [成人病]

塩分と脂肪の大量摂取は中止して手ごろな運動に努めるだけでなく、ストレスを蓄積しすぎない毎日を続けることが狭心症の素因である動脈硬化を防ぐ方法なのです。
薄暗い所だと光不足によりものが見えづらくなりますが、さらに瞳孔が開いてしまうため、眼のピントを合わせるのに余計なパワーが使われ、結果的に日の差す所でモノを見るよりも疲労がおおきくなります。
細菌の感染によって起こる急性中耳炎(きゅうせいちゅうじえん)は、一番多い中耳炎で子どもに起こりやすい病気です。猛烈な耳痛や38℃以上の熱、鼓膜の炎症、耳漏(耳垂れ)などの色々な症状が出るのです。
ちょっとした捻挫と決めつけて、湿布を貼って包帯やテーピングなどで固定し、様子をうかがうよりも、応急処置を施してからすぐ整形外科の医師に診てもらうことが、早く根治させる近道だといえるでしょう。
AEDとは医療資格を保有しない非医療従事者でも扱える医療機器で、機器から発せられる音声ガイダンスの指示通りに対応することで、心臓が小刻みに振動する心室細動の治療の効果を発揮してくれます。

痩せたいあまりに1日の総カロリーを控える、食事を抜く、そうした暮らしを続けると結果として栄養をも不足させ、慢性の冷え性を招くことは、多くの先生方が危惧されています。
「とにかく時間がない」「面倒な様々な人間関係が苦手だ」「あらゆるテクノロジーや情報の高度な進歩に付いていくのが大変」など、ストレスが溜まる主因は人によって違うようです。
細菌やウィルスなど病気を導く微生物(病原体)が口から肺の中へ忍び入り発症してしまい、肺自体が炎症を起こしてしまっている事を「肺炎」と診断しています。
クシャミや鼻みず、鼻づまりに目のかゆみ・ゴロゴロするような異物が入っている感覚などの花粉症の代表的な症状は、アレルギーの原因物質となる花粉の飛散する量に比例するかのように悪化の一途を辿ってしまうというデータがあるというのは周知の事実です。
高血圧(hypertension)がある程度続くと、身体中の血管に大きなダメージがかかり、体中至る所のありとあらゆる場所の血管にトラブルが発生して、合併症になる見込が高まるのです。

スギ花粉症などの症状(鼻水、鼻詰まり、くしゃみ等)のせいで夜よく睡眠を取れないと、それが因子になって慢性的な睡眠不足となり、次の日起床してからの仕事に思わしくない影響を与えることもあります。
脂溶性であるビタミンDは、Caが体内に吸収されるのを支える特徴が特に認知されており、血中のカルシウム濃度を微調整し、筋繊維の動き方を調整したり、骨を作り出したりします。
メタボリック症候群であるとは言われなかったとしても、臓器に脂肪が多く付着するようなタイプのよくない体重過多を抱える事に縁り、重い生活習慣病を招く可能性が高まります。
亜鉛は、デオキシリボ核酸(DNA)やタンパク質の合成に働く色々な酵素や、細胞・組織の入れ替わりに欠かせない酵素など、約200種類以上もの酵素の構築要素として絶対に外せないミネラル分だといわれています。
季節性インフルエンザワクチン(seasonal influenza vaccine)では、今日までの研究の成果によって、ワクチンの効能を見通せるのは、接種日のおよそ14日後から約150日間程だろうと考えられているようです
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

永久歯の表面を保護しているエナメル質 [健康]

「体脂肪率(percent of body fat )」というものは、身体のなかの脂肪の占有するウェートのことであって、「体脂肪率(たいしぼうりつ)=体脂肪の量(somatic fat volume)÷体重(weight、kg )×100」という計算で把握できます。
ハーバード医科大学の研究によれば、毎日2カップ以上のデカフェコーヒーを代用すれば、なんと直腸ガンの罹患率を5割も減少させることができたとのことだ。
アメリカやヨーロッパにおいては、新しく開発された薬の特許が切れた約1ヶ月後には、市場の約8割が後発医薬品(こうはついやくひん)に変更される医薬品もある位、ジェネリック医薬品(Generic drug)は世界各国で浸透しているのです。
肝臓をいつまでも健康にキープするためには、肝臓の毒素を分解する力が低下しないようにすること、とどのつまり、肝臓のアンチエイジング術に地道に取り組むことが有効だと考えられます。
70才以上の高齢者や慢性的な持病のある方などは、ことさら肺炎にかかりやすくて治るのが遅いデータがあるため、予防の徹底やスピーディな治療が必要です。

虚血性心疾患の心筋梗塞というものは心臓の周りにある冠動脈の動脈硬化により血管の内腔の幅が狭まり、血流が途絶えて、酸素や大切な栄養を心筋まで届けられず、ほとんどの筋繊維が壊死する大変怖い病気です。
アルコールをクラッキングする作用のあるナイアシンは、宿酔に有効な成分です。ゆううつな宿酔の大元だといわれているエチルアルデヒドという物質のクラッキングにも関係しているのです。
子供の耳管の構造は、大人の耳管と比較すると太くて長さがなく、なおかつ水平に近いため、様々な細菌が侵入しやすくなっているのです。小さな子供が急性中耳炎にかかりやすいのは、この構造が関わっています。
亜鉛は、デオキシリボ核酸やタンパク質を合成させるために働く酵素や、細胞・組織の代謝機能に関わっている酵素など、200種類以上も存在する酵素の構成要素となるミネラルの一つなのです。
今時の病院の手術室には、手洗い場や器械室、手術準備室(operating preparation room)を備え、手術中に患者を撮影できるX線装置を設置しておくか、そうでなければ近くにレントゲン用の専門室を用意しておくのが慣例となっている。

ジェネリックという医薬品というのは新薬の特許が無効になった後に発売されるもので、新薬と同じ成分で金銭的な自己負担が少なくて済む(代金が安い)後発医薬品のことを意味しています。
必要な栄養を網羅した食生活や体を動かすことは当然のことながら、心身の健康やビューティーを目的とし、特に摂りたい栄養を補うために色々な種類のサプリメントを採用する事がおかしくなくなってきているのです。
一旦永久歯の表面を保護しているエナメル質を脆くさせるまでに拡大してしまった歯周病は、たとえ症状自体が落ち着くことはあっても、失ったエナメル質が元通りに戻るようなことは無いと考えておいた方が良いでしょう。
気分障害の一種であるうつ病では副交感神経が優位になると脳内で分泌される神経伝達物質のセロトニンが足りなくなり、憂うつ感、なかなか寝付けない不眠、著しい疲労感、食欲低下、5kg以上の体重減少、強い焦燥感、顕著な意欲の低下、そして重症の場合自殺企図などの様々な症状が心身に現れるのです。
吐血と喀血、いずれも口からの出血に違いはありませんが、喀血というのは咽頭から肺を通っている気道(きどう、呼吸器のひとつ)からの出血のことで、吐血とは十二指腸(無腸間膜小腸)より上にある消化管から出血する症状のことを示しているのです。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

軽い捻挫だろうと自己判断 [病気]

軽い捻挫だろうと自己判断し、湿布を貼って包帯やテーピングなどで適当に固定し、様子をうかがうのではなく、応急処置をしてからただちに整形外科でレントゲンを撮ることが、根治への近道となるのです。
自動体外式除細動器(AED)は医療従事者ではない一般人でも使う事のできる医療機器で、機器本体から発せられる音声ガイダンスの手順に沿ってケアすることで、心室細動に対する処置の効果をみせます。
「ストレス」というものは、「無くすべき」「除去しなければいけない」と思われがちですが、本当は、我々人間はこうしたストレスを体験するからこそ、生活し続けることが可能になっています。
「あまりにも忙しい」「上辺だけの付き合いが苦手だ」「先端技術や情報の高度な進化になかなか付いていけない」など、ストレスが蓄積される状況はみんな異なります。
季節性インフルエンザを予防するワクチンでは、現在までの膨大な研究の成果によって、ワクチンの予防接種効果が見込まれるのは、注射したおよそ14日後から約5カ月間程だろうということが分かっています。

普通ならば骨折に至らない位の僅かな圧力でも、骨のある決まった個所に何度も繰り返し持続的に力が加わると、骨が折れてしまうこともあります。
ばい菌やウィルスなどの病気を誘引する病原体(微生物)が呼吸とともに肺に忍び入って感染してしまい、肺全体が炎症を起こした事態を「肺炎」というのです。
ヒト免疫不全ウイルス(HIV)を含んでいる精液や血液、女性の腟分泌液、母乳などの様々な体液が、看病する人や交渉相手などの傷口や粘膜部分等に触れた場合、HIV感染のリスクが高くなります。
スマートフォンの小さなちらつきを軽減させるレンズの付いた専用メガネが殊更人気を集めている訳は、疲れ目の手当にたくさんの人が興味を持っているからだと考えられます。
音楽の公演のおこなわれる会場や踊るためのクラブなどに設けられた非常に大きなスピーカーのすぐ横で大音量を聞いて耳が遠くなってしまうことを「急性音響外傷(きゅうせいおんきょうがいしょう)」と呼ぶことをご存知でしょうか?

子供の耳管の構造は、大人に比べて太い上に短い形であり、尚且つ水平に近いため、様々な菌が入り込みやすくなっています。乳幼児が急性中耳炎を発症しやすいのは、この作りが関係しています。
亜鉛は、デオキシリボ核酸(DNA)やタンパク質の合成に作用する様々な酵素や、細胞や組織などの代謝に関わっている酵素など、約200種類以上も存在する酵素を構成する物質としてなくてはならないミネラルの一種です。
日々繰り返される規則正しい生活の保持、満腹になるまで食べないこと、無理のない体操など、古臭いとも思える健康についての意識がお肌の老化防止にも関わっているのです。
前触れもなく発症する急性腸炎は、普通は腹痛・吐き気・下痢を伴う程度ですが、バイ菌の感染による急性腸炎の場合は強い腹痛・長引く吐き気・繰り返す嘔吐・下痢に加えて38度以上の高熱も出るのが通例だといえます。
基礎代謝(きそたいしゃ)とは人間が何もしなくても使用してしまうエネルギーのことを指していて、その50%以上を様々な筋肉・内臓の中で一番大きな肝臓・頭部の脳の3種類で占めるということです。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康
前の10件 | -